コンクリート構造物補修の化学療法による定量システムコンクリート構造物補修の化学療法による定量システム|リハビリ工法協会
コンクリート構造物補修の化学療法による定量システム|リハビリ工法協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
リハビリ工法協会 事務局
Googleサイト内検索
リハビリ工法に関連する技術資料です。|コンクリート構造物補修の化学療法による定量システム|リハビリ工法協会

技術資料

1.補修対策の考え方

亜硝酸リチウムを用いた補修工法、選定フロー、補修効果について説明します。

2.リハビリシリンダー工法

リハビリシリンダー工法によるひび割れ補修、施工事例、施工実績について説明します。
NETIS登録番号:CG-110017-A

3.ASRリチウム工法、リハビリカプセル工法

コンクリート部材全体に「プロコン40」を内部圧入する補修技術です。

4.浸透拡散型亜硝酸リチウム『プロコン40』

「プロコン40」は、内部圧入工法・ひび割れ注入工法においてより浸透拡散するように改良された亜硝酸リチウムです。
NETIS登録番号:CG-100022-A

5.参考文献

アルカリシリカ反応により劣化した架道橋橋台の補修対策

(日本鉄道施設協会誌2011.12)

カタログダウンロード

施工実績一覧

協会概要  |  技術資料  |  施工事例  |  Q&A  |  お問合せ  |  リンク集
Copyright(C) 2009〜 リハビリ工法協会 All rights reserved.