コンクリート構造物補修の化学療法による定量システムコンクリート構造物補修の化学療法による定量システム|リハビリ工法協会
コンクリート構造物補修の化学療法による定量システム|リハビリ工法協会
〒730-0053
広島市中区東千田町2-3-26
リハビリ工法協会 事務局
Mail : info@j-cma.jp
Googleサイト内検索
岡の下橋補修工事|コンクリート構造物補修の化学療法による定量システム|リハビリ工法協会
施工事例
岡の下橋補修工事
事業区分橋梁上部工 橋梁下部工 劣化機構中性化
適用工法リハビリシリンダー工法 断面修復工法(PSL-40) 表面被覆工法(Reペースト+アイゾール) 発注者広島市
工事場所広島市佐伯区 工事時期2016年04月〜2016年08月
主な使用材料プロコン40 RVパウダーN薄塗用 RV(RH)混和剤 アイゾールEX アーマ600 マスターエマコ S990 (旧 エマコ S99P)
他 使用材料
施工数量ひび割れ注入工L=280m
断面修復工A=49m2
表面保護工A=260m2
橋梁塗装工A=334m2
工事概要中性化を主とする複合劣化による、コンクリートの浮き・剥離に対して補修を行いました。
橋台・橋脚にはひび割れ注入・断面修復を行い、コンクリート床板にはそれに加えて、表面保護を行いました。
施工者有限会社木下組

参考写真
岡の下橋補修工事 写真01
1ひび 座金設置状況
岡の下橋補修工事 写真02
2ひび シール状況
岡の下橋補修工事 写真03
3ひび 先行注入
岡の下橋補修工事 写真04
4ひび先行注入状況
岡の下橋補修工事 写真05
5ひび本注入
岡の下橋補修工事 写真06
6ひび本注入状況
岡の下橋補修工事 写真07
7ひび硬化確認
岡の下橋補修工事 写真08
8ひび座金シール撤去
岡の下橋補修工事 写真09
9施工完了


参考資料
協会概要  |  技術資料  |  施工事例  |  Q&A  |  お問合せ  |  リンク集
Copyright(C) 2009〜 リハビリ工法協会 All rights reserved.